チャモロ料理 サイパンの青い空とサンゴ礁の海

チャモロ料理

サイパンでは、チャモロ料理を是非堪能してください。その先住民族からの伝統であるチャモロ料理ってなんでしょう?

幾つか代表的な料理をあげましょう。あなたが想像しているよりもずっとバラエティ豊かな味を堪能できます。

たとえば「カドンティナッタク」はどうでしょう?

これは、牛肉のココナッツミルク炒めといったらいいでしょう。スライスした牛肉をサヤインゲン、唐辛子と一緒に炒めます。そして最後にココナッツミルクで味を調えたものです。

いかにも島料理といった感じです。

また、見た目にも豪華なのは「エスカベッチ」です。周囲の海で採れた新鮮な白身魚をから揚げにしたものです。

サイパン島は周りが海ですから、是非、新鮮な魚介を食べてみるべきです。野菜はアチョーテという木の実の汁で煮込みソースをかけます。

これは家庭料理で、サイパン島ではとってもポピュラーな料理です。

またココナッツミルクはそのほかにも活躍します。「車海老のココナッツミルク煮」は、どうでしょう?

エビフライや塩焼きなどを食べなれている人も、エビの新しい魅力を発見できます。採りたての新鮮な車海老を塩や胡椒で味付けします。

そのうえで、ココナッツミルクで炒め煮した料理です。ここにちょっとだけ唐辛子を隠し味に使うといっそう美味しさが増します。

「ハムホック」は、ちょっと見た目がグロテスクですが、食べてみると病みつきになります。これは豚足をスモークにして、もやしなどと一緒にアチョーテの汁で気長に煮込みます。

やわらかくなるまでじっくりと・・・時間を気にせずに食を楽しむ、それもサイパン島の魅力です。

それから「ケグラエン」という、とても南国風な味の料理はタコや魚、牛肉、などなんでもOKです。チキンで作れば癖のないさっぱりした味付けになります。

新鮮な魚介が豊富なサイパンですから、タコのケラグエンも是非、食べてみるといいですよ。

簡単な作り方は、タコとみじん切りの玉ねぎにレモン汁、唐辛子、そしてココナッツミルクを加え和えるだけ、本当にこれだけでおいしい料理が食べられるのですよ。

またチキンバージョンもいいですね。材料は蒸し鶏と、玉ねぎ、レモン、その他、セロリやピーマン、コプラ、にんじん、長ねぎです。

味付けに胡椒と唐辛子パウダーを用います。ちょっとピリカラな味が、夏の暑さのなかでも食欲を増してくれます。

作り方は、まずコプラを2つに割り、中のココナッツパウダーを削り出します。次に、その他の、鶏肉、玉ネギや野菜などの材料を微塵切りにします。そして微塵切りにした物を混ぜ合わせて調味料で味付けします。塩、粗びき胡椒、唐辛子などです。

唐辛子は、量で辛さを調節してください。そして最初のココナッツパウダーを混ぜて、レモン汁を掛け盛り付けるだけです。

また食事が済んだら、甘いお菓子はどうでしょう?簡単なおやつとして「パリタウ」はいかがでしょう?手軽なファーストフードとして購入することができます。ココナッツを餅にまぶした甘いお菓子です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84696450
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。