北マリアナ諸島の観光 サイパンの青い空とサンゴ礁の海

北マリアナ諸島の観光

サイパン島は、アメリカ合衆国のコモンウェルスつまり自治領です。

この島は、外交と防衛については全面的にアメリカ合衆国に権限や責任を負われていますが、北マリアナの住民はみずからが採択した憲法にしたがって内政を行います。

経済的には、観光業に支えられています。北マリアナの産業は観光業が中心です。サイパンへの旅行は、日本からも比較的格安でいけることから人気上位に常に上げられています。

太平洋のリゾート地として近年の訪問者が増加しています。500万人以上が年間に訪れるこの島ですが、そのうち日本人は30万以上を占めます。日本人の観光客なくしては、北マリアナの観光業、さらに経済は成り立たないといっていいでしょう。

現在、サイパンの南にあるテニアン島ではカジノが建設され、ここを大金持ちの島にしようという壮大な計画ももちあがっています。

これを見越して先物買いが続き、地価は高騰して富裕な地主も登場しました。現状としては、地元の賭博管理委員会によって業者の選択が行われているということですが、さまざまな問題が浮上しているという現実は無視できないでしょう。

社会共通の資本の整備、たとえば上下水道や電力などの整備がもっと開発のテンポに追いつくことが今後の課題となるでしょう。

資本が不足する北マリアナ諸島は、そのためにアメリカに資本の援助を申し出ている最中ですが、なかなか受け入れられていないのが現状です。

北マリアナ諸島
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。